メンバー紹介

前田晶子  Akiko  Maeda

劇団ゼロQ代表、役者、制作、朗読家、
(職業)フリーアナウンサー
 
山形県東根市生まれ。大阪府池田市出身

1991年より宮崎放送アナウンサーになる。

2006年に退社し、現在はフリー。

2002年から語りユニット「宵がたり」メンバーとして活動中。舞台や小さな会場での公演に出演。個人の朗読活動として、童話作家・安房直子の作品を季節ごとに読む「ねこじゃらし朗読館」や、音楽と朗読のコラボレーションも行っている。

2007年、演劇ユニット「女組☆でこんば」に参加、「ペラペラゲーム」(中島淳彦作、黒木朋子演出)で初舞台を踏む

2008年、宮崎県立芸術劇場の演劇ワークショップに参加、2009年の発表公演「波と線路」の後、ワークショップメンバーと共に劇団ゼロQを旗揚げ。以降、劇団公演「フリマの女」「骨の教室」「29万の雫」「わたしのいちばんうれしい日」「野本食堂」「OH!ベイベー!ラブリーベイビー」等に出演。そのほか外部公演にも参加

中島佳江子  Kaeko Nakashima

原田千賀子  Chikako Harada

 

山口由美  Yumi  Yamaguchi

 

中学時代、合唱部。高校時代、演劇部に所属。

就職後、ジャズダンス・バレエのレッスンに励み、ステージ衣装の作成や、楽屋スタッフとして舞台に携わった。

2007年 宮崎市ステージ文化推進事業・創作ミュージカル「東への風」に参加。

2008年 宮崎県立芸術劇場演劇人養成講座に参加し、そのまま劇団ゼロQの活動を続けている。

ゼロQでの出演=「波と線路」「フリマの女」「骨の教室」「29万の雫’11みやざきの舞台芸術シリーズ」「わたしのいちばんうれしい日」等

原口奈々  Nana Haraguchi

 

19893月生まれ。高校時代、演劇部を経て働き初めてから、またお芝居がしたい!と思い20109月に入団。

3回公演「骨の教室」が劇団に入ってから初舞台。

好きなクマさんは、「リラックマ」と「くまもん」。

河野誠  Makoto Kawano

 

1986年生まれ。

2013年 都城市総合文化ホール主催 市民参加舞台『恋し都、響いて遥か』に出演し演劇に出会う。
同年に宮崎県立芸術劇場の演劇ワークショップ『劇団を作ろう』に参加。”演劇染隊色えんぴつ”としての公演『いつか線路が途切れても』に出演。
2014年 劇団ゼロQ入団。

『野本食堂』リーディング公演がゼロQでの初舞台。
好きな物、唐揚げ、アジの開き、一期一会。

冨森 慧子  Keiko  Tomimori

 

名誉団員

岡田心平  Shinpei Okada

 

中学生の頃から歌舞伎好き。高校時代、劇団前進座、こどものための歌舞伎「牛若丸」の脚本を担当。昂じて着物づくりと、演劇づくりの道に進む。
1993
年より、綾町の綾の手紬染織工房に勤務。 仕事の傍ら、宮崎の地域の演劇に関わる。
1994
1996 ぐるーぷ連研究生
1997
年 虫の生活 (作・演出)
1998
年 トチノキに灯はまたともる (作・演出)

演劇活動休止後、ブログ「南方演劇論」で、宮崎の演劇を論評。

2008年、宮崎県立芸術劇場演劇人養成講座に参加し、演劇活動再開。

NPO法人野の花館(高鍋町)代表理事

日本劇作家協会会員

20116月 志半ばで急逝。